2012年04月29日

チョイノリZZは・・・

少ーーーしずつ進行していますが

まずはZZのオーバーホールです。

かなりの期間放置だったようでうんでもなじゃスンでもない。

キックは降りて圧縮もありましたので

とりあえずキャブOHしてみました。

と、なんと2回目で完全復活。アイドリングも安定しています。

次にブレーキです。

キャリパーを外してみるとこちらも大変なことになっていました。

パットがない状態で

F1000153.JPG

長期保管・・・・ピストンが錆で完全に終了です。

F1000152.JPG

引き抜くのも大変苦労致しましたが

キャリパーの中をきれいに掃除して

F1000151.JPG

ピストンとシールを新しいものに交換します。

マスターのほうはかろうじて大丈夫の様です

F1000150.JPG

さてさてそんなことをしているうちに少しずつ車体の全容が見えてきました。

チョイノリのフレームにZZのエンジンが最初にマウントされました。

なるべく全長を短くするためにフレーム下にエンジンをマウントしています。後ろにつけると

車高は下げられますが全長が長くなるためチョイノリのイメージが崩れます。

そして車高が上がって足付きが悪くなるのでシート位置を下げています。

F1000158.JPG

板ごとなので強度もありそうです。

F1000159.JPG

それにあわせてフロントの移植準備にかかります。

F1000160.JPG

なんとなくバイクの形になってきましたね。

F1000161.JPG

今回はここまでです。
posted by 和泉電装 at 22:15| Comment(1) | TrackBack(0) | スタッフルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、私もv100スワップを考えています。
フロントの移植をどのようにやったか教えていただけると幸いです
Posted by やす at 2018年08月09日 14:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。